アスパラガス(佐賀県)

April 30, 2017

 

主な取扱時期 3月~8月 (春芽は3月がピーク、夏芽は6月下旬~7月がピークです)

 

 

特徴

 

『ウェルカム』という品種で、穂先の開きが他の品種に比べて小さく、

鮮やかな緑色とみずみずしい歯ごたえと、柔らかさを兼ね備えています。

春は太くて甘く、夏は柔らかい、佐賀県産のアスパラガスです。

 

 

効能

 

アスパラガスは栄養価が高く、ビタミン類の他にもアスパラギン酸というアミノ酸が含まれています。

新陳代謝を高め、疲労回復や免疫力アップに効果的です。

また、ポルフェノールの一種であるルチンも含まれており、毛細血管を丈夫にする働きや

高血圧・動脈硬化の予防に効果が期待でき、健康野菜として注目されています。

 

 

選び方

 

以下の特徴があるものを選びましょう。

・穂先が固くしまっている。

・鮮やかな緑色のものが鮮度も良い。

・茎が太くて固く重いもの。

・はかまが少なく正三角形(はかまとは、茎にある三角形のもの)。

・切り口がみずみずしく変色していない。

 

 

下処理の仕方

 

根元側の先を右手で持ち、左手で中央あたりを持ちます。

根元側をグッと折り曲げると、硬い部分と柔らかい部分の間くらいの位置でポキッと折れてくれます。

折れた根元部分は皮が硬く筋っぽいので捨てます。

あとは、根元4~5㎝ほどをピーラーで薄く皮をむきましょう。

 

食べ方

 

炒め物・煮物・揚げ物・サラダなど

茹でて食べる場合は、沸騰したお湯に塩を入れ、根元部分から順に入れ歯ごたえが残る程度になったら

お湯からだし、冷水に浸しましょう。

天ぷら・炒め物にする場合は、下茹でせず生のまま調理した方が風味がよく仕上がります。

 

 

保存方法

 

湿らせた新聞紙に包みポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存し、2~3日中には食べきりましょう。

硬めに茹でた後に冷凍して保存することも可能ですが、1ヶ月を目安に使いきりましょう。

 

 

 

 

Please reload

Please reload

特集記事

チンゲン菜(茨城県)

October 6, 2017

1/7
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload