サラダ牛蒡(千葉県)

October 16, 2017

 

主な取扱時期 9月中旬~10月下旬

 

特徴

 

サラダ牛蒡は牛蒡の種類で、一般的に販売されている牛蒡よりも根が短く(35cm~40cm程度)、種をまいて

から100日前後で収穫することが可能です。

白肌でアクが少なく、さっと湯がいてサラダ感覚で

調理をし食べることができます。

皮も薄いので、皮ごとでも食べることもできます。

 

 

効能

 

多糖類のイヌリンや繊維質のセルロース、

リグニンの含有量は、野菜の中でトップクラス。

いずれも便秘の解消や腸内環境を整える

効果が高いです。

動脈硬化やがん予防にも有効といわれている。

アクの成分はポルフェノール類で、抗酸化作用があり、がんの予防や老化防止などが期待できる。

 

 

保存方法

 

ラップで包み保存しましょう。

土の付いているものは新聞紙で包んだあと、

ポリ袋にいれましょう。

乾燥に弱いので保存の際には注意しましょう。

 

 

選び方

 

まっすぐでひげ根が少なく、

ひびやしわがないものを選びましょう。

泥付きの方が日持ちがし、風味も強いです。

太すぎるものは「す」が入っている恐れがあるので

あまり太すぎないものを選びましょう。

 

 

Please reload

Please reload

特集記事

チンゲン菜(茨城県)

October 6, 2017

1/7
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索