特集記事

2018/03/26

主な取扱時期 1月中旬~6月上旬 (旬は2月~5月)

特徴

竹の旬と表す「筍」は、まさに季節を伝える食材です。

春先にとれる筍は、やわらかくえぐみが少なくことで知られています。

地元では贅沢な春の楽しみのひとつです。

エグミが少なく柔らか、ほんのり甘みのあるやさしい味わいが特長です。

鮮度が命なので、手に入れたらなるべく早く下ゆでしましょう。

煮物にも炒め物などと、いろいろなお料理で楽しめます。

カリウムを多く含むことから、塩分の排出を促し高血圧に効果があるとも言われています。

選び方

形がよくずっしりとしており、皮が淡黄色でつやのあるものを選びましょ...

2018/03/26

主な出荷時期 11月~5月

特徴

セルリーは静岡県と長野県が二大産地となっており、浜松産は冬物セルリーとしては日本一の収穫量を

誇っています。

甘みがありみずみずしく、

他県産に勝るとも劣らない品質は、

農家さんの弛まぬ努力によるものです。

セルリーにはさまざまな品種がありますが、

浜松では「コーネル619」という品種を主に

栽培しています。

真空予冷処理されているため、

鮮度を保ったまま皆様の元へ届けられます。

余分な塩分を体外に排出する働きのあるカリウムや、疲労回復作用のあるビタミンB1など、

様々な栄養が含まれています。

栄養は茎だけでなく葉にもたくさん

...

2018/03/23

主な取扱時期 10月~6月上旬

特徴

名前の通り真っ赤なトマトで、40~50gのゴルフボールサイズの中玉トマトです。

温暖な気候を利用したハウス栽培で、秋から初夏にかけての需要があります。

フルーティな甘さで酸味が少なく、糖度は8度前後ですが食べるとそれ以上に甘く感じます。

選び方

ヘタが濃い緑色をしていて、実は全体に色が濃く、皮にハリがあり固く重いものが良い。

食べ方

サラダ、デザート、ジュースなどがお勧めです。

グラタンやピザのトッピング、串焼きにしても美味です。

保存方法

袋に入れるか、ラップをして冷蔵庫の野菜室で保存してください。

★動脈硬化や脳卒...

2018/03/20

主な取扱時期 1年中 (旬は12月~2月)

特徴

関東地方で古くから親しまれてきた野菜です。今や栽培地域も広がり、1年を通して栽培されています。

旬の時期は冬になります。小松菜は寒さに強く、霜に当たると甘みが増します。

クセが少ないため、様々な料理に使用できます。

選び方

葉が肉厚で丸みがあり、きれいな緑色をしているものを選びましょう。

また、茎が太めで根元のハリがしっかりしているものが良品です。

しおれていないかや、全体のみずみずしさもチェックしましょう。

保存方法

新聞紙などで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で立てて保存しましょう。

新聞紙を軽く湿...

2017/11/01

主な取扱時期 9月下旬~11月中旬

特徴

早生とは、生育期間が短く、早い時期に収穫できるもののことです。

果皮は、ほぼオレンジ色で皮が薄くなっており、袋も柔らかいです。

1日3個食べれば、成人の1日に必要な分のビタミンを摂取できます。

選び方

ヘタの部分が小さく、皮に張りがあり、ツヤがあるものを選びましょう。

皮が薄く中の実がぴったりと張り付いていて、重みを感じるものが良いです。

食べ方

皮を剥き、房をはがして食べる他、ジュース・シャーベット・ムースなどにも向いています。

酸味を活かして料理にも利用できます。鶏肉や豚肉料理の他に、

みかん果汁で炊き上げる...

2017/08/17

主な取扱時期 1年中

特徴

静岡県西部に位置する磐田市は、浜松・掛川とともにマスクメロンの産地として知られています。

ここで栽培されたマスクメロンは「アローマメロン」として味・品質ともに最高級のメロンである。

高級贈答品として多くの需要があります。

甘みに富んでいて上品な味わいで、香りもとても豊かです。

食べごろを迎えた果肉は、ジューシーで口の中でとろけるような食感で、

まさに果物の王様と呼べる逸品です。

栽培

一本の木から一個の実をつけるように栽培される。メロン栽培専門のガラス温室の中でたっぷりの太陽の光を浴びつつ、温度と湿度がきめ細かく管理され...

2017/04/30

主な取扱時期 一年中

静岡県産の特徴

静岡県全域で栽培されています。

近年では菌床栽培が主流になっていますが、伊豆地域では原木栽培が盛んです。

一年中出回っていますが、原木椎茸の旬は10月~12月と3月~5月です。

静岡県産しいたけの生産量は年1700トン、全国シェアは2.5%で全国第12位。

静岡県生産技術向上と椎茸産業の振興のため、「生しいたけ」の品評会が毎年おこなわれています。

栽培方法は、主に菌床栽培と原木栽培の2種類があります。

原木栽培

キノコを生やす木に穴をあけ、そこにキノコの菌を植えます。

そのまま屋外においておくと1~2年後には生椎茸...

2017/04/08

主な取扱時期 1月中旬~5月上旬

特徴

 

ヘタのある果梗部が盛り上がっている(「デコ」と呼ぶ)のが特徴で、重さは200~280gくらいです。

甘みが強く、程よく酸味があり、濃厚な味わいです。

果肉は軟らかくジューシーで、香りはポンカンに似ています。

皮はやや厚めですが軟らかいので手で剥くことができ、じょうのう膜(袋)も薄いので、

そのまま手軽に食べられます。

ちなみに、「デコポン」は愛称で、品種名は「不知火(しらぬひ)」といいます。

「デコポン」という名称は、「熊本県果実連」の登録商標で、

全国のJAから出荷される不知火がこの名称を使用できます。

ただ...

2017/03/23

主な取扱時期

11~2月頃

今では年中食べる事のできる白ねぎですが、本来は冬の野菜です。

JA遠州夢咲の白ねぎは11~4月まで出荷されています。

特徴

ねぎは、白ねぎ(長ねぎ、根深ねぎ)と青ねぎ(葉ねぎ)の大きく二つに分けられます。

関東では白ねぎ、関西では青ねぎが好まれていましたが、

近年では料理に合わせて使い分けるようになりました。

白ねぎは栽培する時、成長に合わせて根元に土を盛っていきます。

土に埋まっている部分は光合成しないので、白い部分が多くなるのです。

効能

ビタミン類、カルシウムなどが含まれ栄養価の高い白ねぎですが、辛み成分である「硫化アリ...

2017/03/22

主な取扱時期 11月~5月

静岡県のパセリ

静岡県は長野、千葉についで全国第3位のパセリ出荷量を誇り、

全体の12%にあたる403トンを出荷しています。(2010年の統計)

県内では、冬場でも温暖な気候と排水性の良い土壌があるため浜松市が一大産地となっています。

県内産の出荷時期は10月中旬から翌年の6月上旬まで継続しています。

これは6月上旬に種をまく初夏まき栽培と、10月下旬に種をまく秋まき栽培を併用しているためです。

特徴

葉が丸まり、ちぢれている品種を日本では多く見かけますが、

ヨーロッパでは葉が平らで三つ葉のような形をしている品種の方が一般...

Please reload

チンゲン菜(茨城県)

October 6, 2017

1/7
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

トピックス
Please reload