静岡VF株式会社

〒420-0922 静岡市葵区流通センター1番1号

電話 054-263-3021  FAX 054-261-6094

特集記事

2018/03/26

主な取扱時期 12月下旬~6月

特徴

熊本県は日本一のトマトの出荷量を誇ります。

中山間部で冬春トマト、平野部で夏秋トマトをそれぞれ栽培することで

一年を通してトマトを出荷することの出来る大産地となっています。
特に冬から春(10月~6月)の間に収穫するトマトの生産が盛んで、日本中のトマトの出荷量の7割を

占めるほどです。

年間気温が17度なため、ハウス内の暖房をおさえつつも高品質のトマトを栽培でき、

干拓地を有する地域(八代市など)では塩分が多い土地に作付けをすることによって、

水分の吸収を少なくして、小ぶりに育てることでトマトの糖度を高くするこ...

2018/03/23

主な取扱時期 10月~6月上旬

特徴

名前の通り真っ赤なトマトで、40~50gのゴルフボールサイズの中玉トマトです。

温暖な気候を利用したハウス栽培で、秋から初夏にかけての需要があります。

フルーティな甘さで酸味が少なく、糖度は8度前後ですが食べるとそれ以上に甘く感じます。

選び方

ヘタが濃い緑色をしていて、実は全体に色が濃く、皮にハリがあり固く重いものが良い。

食べ方

サラダ、デザート、ジュースなどがお勧めです。

グラタンやピザのトッピング、串焼きにしても美味です。

保存方法

袋に入れるか、ラップをして冷蔵庫の野菜室で保存してください。

★動脈硬化や脳卒...

2018/03/23

主な取扱時期 2月中旬~6月

特徴

春先から初夏にかけて出回る早生品種を「新牛蒡」といいます。

冬が旬の一般的な牛蒡とは対照的に、秋に種をまき春先から初夏にかけて大きく育つ前に若取りをします。

「春ごぼう」とも呼ばれるように、出荷の最盛期は4月~6月ですが出始めは2月頃です。

熊本県名水100選にも選ばれた、菊池水源の水系から流れる清らかな水で育っています。

食べ方

色白で風味がよく、繊維がやわらかいのでさっと茹でただけでサラダなどにして食べられます。

シャキシャキ感を残したいときは加熱のしずぎに注意が必要です。

アクが少ないのでアク抜をしなくても食...

2018/03/20

主な取扱時期 1年中 (旬は12月~2月)

特徴

関東地方で古くから親しまれてきた野菜です。今や栽培地域も広がり、1年を通して栽培されています。

旬の時期は冬になります。小松菜は寒さに強く、霜に当たると甘みが増します。

クセが少ないため、様々な料理に使用できます。

選び方

葉が肉厚で丸みがあり、きれいな緑色をしているものを選びましょう。

また、茎が太めで根元のハリがしっかりしているものが良品です。

しおれていないかや、全体のみずみずしさもチェックしましょう。

保存方法

新聞紙などで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で立てて保存しましょう。

新聞紙を軽く湿...

2017/12/18

主な取扱時期 7~1月 (旬は9月~10月)

特徴

白舞茸は普通に売られているマイタケと形はほとんど同じですが、

色が真っ白または少しクリーム色がかっているキノコです。

普通に売れられているキノコたちと違って少々手に入りにくいというのも特徴といえます。

自然に栽培が出来るキノコではなく全て人工栽培で作られます。

そのため値段は普通のものより少し高くなってしまいます。

白マイタケはマイタケと同じ栄養価があり主にミネラル、ビタミン類、食物繊維などが

豊富に含まれています。

調理方法

まいたけを調理する場合、黒ずんだ煮汁が出るため料理の仕上がりを気にする方が...

2017/11/01

主な取扱時期 1年中 (多く出回る時期 10月~1月頃)

新潟県は、まいたけの生産量が全国1位で、60%以上のシェアを誇ります。

名前の由来は諸説あり、その一つは以前は見つけた人が舞い上がって喜ぶほど稀少な

「幻のきのこ」という意味でした。

現在は栽培技術の確立により、1年を通して美味しいまいたけが食べられるようになりました。

その味と食感の良さで、今ではすっかり定着し、最近は白い品種のものも開発され流通しています。


選び方

カサの色が濃い茶褐色で、パリッとしていてヒダが肉厚なものが良品です。

鮮度が落ちると、カサが湿ったようにしなびてきます。

軸...

2017/11/01

主な取扱時期 9月下旬~11月中旬

特徴

早生とは、生育期間が短く、早い時期に収穫できるもののことです。

果皮は、ほぼオレンジ色で皮が薄くなっており、袋も柔らかいです。

1日3個食べれば、成人の1日に必要な分のビタミンを摂取できます。

選び方

ヘタの部分が小さく、皮に張りがあり、ツヤがあるものを選びましょう。

皮が薄く中の実がぴったりと張り付いていて、重みを感じるものが良いです。

食べ方

皮を剥き、房をはがして食べる他、ジュース・シャーベット・ムースなどにも向いています。

酸味を活かして料理にも利用できます。鶏肉や豚肉料理の他に、

みかん果汁で炊き上げる...

2017/11/01

主な取扱期間 9月下旬~10月中旬

特徴

ラフランスについて

フランスで生まれ、山形で育ったラフランス。

見た目がゴツゴツとして「みだくなす」=「見たくなし(見栄えが悪くかっこ悪いもの)」という意味の

あだ名(方言)を付けられていましたが、

驚くほど上品でとろけるようなおいしさが知れわたるやいなや一躍フルーツ界の女王となりました。

和梨とは対照的で、とろりとした食感と上品な香り、深みとコクのある甘みがあります。

洋梨は実の堅いうちから収穫し、10日~2週間程度追熟(一定期間置いて熟成する)をします。

もぎたてのラフランスは2%のデンプンを含んでいて、...

2017/10/20

主な取扱期間 9月上旬~10月中旬

特徴

茨城県は栗の栽培面積・生産量ともに全国で第1位を誇ります。

特に生産量は全国の約30%を占めるほどの大生産地です。

茨城県は年間を通して穏やかで、昼夜の温度差のある気候や保水性、通気性に優れた

火山灰土壌(関東ローム層)が多くひろがっているために栗の生産に向いています。

一口に栗と言っても、概ね40以上の種類があり8月の末から10月までにさまざまな種類が出荷されます。茨城県では主に「筑波」という甘みが強い品種が作られています。

効能

栗はカリウム、ビタミン、食物繊維などがバランス良く含まれており、

ビタミンE...

2017/10/16

主な取扱時期 9月中旬~10月下旬

特徴

サラダ牛蒡は牛蒡の種類で、一般的に販売されている牛蒡よりも根が短く(35cm~40cm程度)、種をまいて

から100日前後で収穫することが可能です。

白肌でアクが少なく、さっと湯がいてサラダ感覚で

調理をし食べることができます。

皮も薄いので、皮ごとでも食べることもできます。

効能

多糖類のイヌリンや繊維質のセルロース、

リグニンの含有量は、野菜の中でトップクラス。

いずれも便秘の解消や腸内環境を整える

効果が高いです。

動脈硬化やがん予防にも有効といわれている。

アクの成分はポルフェノール類で、抗酸化作用があり、が...

Please reload

チンゲン菜(茨城県)

October 6, 2017

1/7
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

トピックス
Please reload