特集記事

2017/11/01

主な取扱時期 9月下旬~11月中旬

特徴

早生とは、生育期間が短く、早い時期に収穫できるもののことです。

果皮は、ほぼオレンジ色で皮が薄くなっており、袋も柔らかいです。

1日3個食べれば、成人の1日に必要な分のビタミンを摂取できます。

選び方

ヘタの部分が小さく、皮に張りがあり、ツヤがあるものを選びましょう。

皮が薄く中の実がぴったりと張り付いていて、重みを感じるものが良いです。

食べ方

皮を剥き、房をはがして食べる他、ジュース・シャーベット・ムースなどにも向いています。

酸味を活かして料理にも利用できます。鶏肉や豚肉料理の他に、

みかん果汁で炊き上げる...

2017/04/08

主な取扱時期 1月中旬~5月上旬

特徴

 

ヘタのある果梗部が盛り上がっている(「デコ」と呼ぶ)のが特徴で、重さは200~280gくらいです。

甘みが強く、程よく酸味があり、濃厚な味わいです。

果肉は軟らかくジューシーで、香りはポンカンに似ています。

皮はやや厚めですが軟らかいので手で剥くことができ、じょうのう膜(袋)も薄いので、

そのまま手軽に食べられます。

ちなみに、「デコポン」は愛称で、品種名は「不知火(しらぬひ)」といいます。

「デコポン」という名称は、「熊本県果実連」の登録商標で、

全国のJAから出荷される不知火がこの名称を使用できます。

ただ...

2017/03/04

主な取扱期間 1~4月

特徴

「はるみ」は「清見」と「ポンカンF2432」を交配して出来た静岡生まれのミカンです。

同じ組み合わせで出来た品種に「デコポン」があり、この二つは姉妹のような関係と言われています。

外皮が剥きやすく、じょうのう(内皮)が薄く柔らかく種も少ないためデコポンに比べ食べやすくなっています。

プチプチとした食感が特徴で糖度が高く、温州みかんとポンカン、オレンジをミックスしたような味で

とても美味しいです。

名前の由来は初春に店頭に並ぶことと親である「清見」からとされ、漢字で書くと「春見」となります。

出回っている時期が短く、数に...

2017/02/10

主な取扱時期 早生みかん11月~12月中旬 青島みかん12月中旬~3月

特徴

三ヶ日みかんとは静岡県浜松市北区三ヶ日地区産の温州みかんのことです。

さまざまなみかんを一年中栽培していますが、その中でも冬場の青島みかんを特にそう呼びます。

“色よし味よし日持ちよし”といわれており、

・果皮と果肉が鮮やかな橙色をしている

・ほどよい酸味とコクのある甘さが調和しつつ糖度も高い

・いつまでもみずみずしい食感で日持ちがする

・他の品種のみかんより大玉系だが、味がぼやけない

などが特徴にあげられる

三ヶ日みかんは寝かせるとおいしくなる

みかんは収穫後すぐには出荷せず...

Please reload

チンゲン菜(茨城県)

October 6, 2017

1/7
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

トピックス
Please reload