特集記事

2017/11/01

主な取扱時期 1年中 (多く出回る時期 10月~1月頃)

新潟県は、まいたけの生産量が全国1位で、60%以上のシェアを誇ります。

名前の由来は諸説あり、その一つは以前は見つけた人が舞い上がって喜ぶほど稀少な

「幻のきのこ」という意味でした。

現在は栽培技術の確立により、1年を通して美味しいまいたけが食べられるようになりました。

その味と食感の良さで、今ではすっかり定着し、最近は白い品種のものも開発され流通しています。


選び方

カサの色が濃い茶褐色で、パリッとしていてヒダが肉厚なものが良品です。

鮮度が落ちると、カサが湿ったようにしなびてきます。

軸...

2017/11/01

主な取扱時期 9月下旬~11月中旬

特徴

早生とは、生育期間が短く、早い時期に収穫できるもののことです。

果皮は、ほぼオレンジ色で皮が薄くなっており、袋も柔らかいです。

1日3個食べれば、成人の1日に必要な分のビタミンを摂取できます。

選び方

ヘタの部分が小さく、皮に張りがあり、ツヤがあるものを選びましょう。

皮が薄く中の実がぴったりと張り付いていて、重みを感じるものが良いです。

食べ方

皮を剥き、房をはがして食べる他、ジュース・シャーベット・ムースなどにも向いています。

酸味を活かして料理にも利用できます。鶏肉や豚肉料理の他に、

みかん果汁で炊き上げる...

2017/11/01

主な取扱期間 9月下旬~10月中旬

特徴

ラフランスについて

フランスで生まれ、山形で育ったラフランス。

見た目がゴツゴツとして「みだくなす」=「見たくなし(見栄えが悪くかっこ悪いもの)」という意味の

あだ名(方言)を付けられていましたが、

驚くほど上品でとろけるようなおいしさが知れわたるやいなや一躍フルーツ界の女王となりました。

和梨とは対照的で、とろりとした食感と上品な香り、深みとコクのある甘みがあります。

洋梨は実の堅いうちから収穫し、10日~2週間程度追熟(一定期間置いて熟成する)をします。

もぎたてのラフランスは2%のデンプンを含んでいて、...

Please reload

チンゲン菜(茨城県)

October 6, 2017

1/7
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

トピックス
Please reload

タグから検索